MENU

小児の肺炎と呼吸音について

スポンサーリンク

子供はさまざまな病気を発症する可能性があります。
免疫力がまだそれほど高くはないということで、さまざまな病気に感染する可能性が高くなっています。
その中で比較的感染しやすい病気となっているのが肺炎になります。
これは大人でも発症することもありますが、呼吸をしづらくなるので非常につらいです。
そもそも肺炎というのはどのような病気となっているのかというと、それは次のような特徴があります。
息を吸って空気が喉から気管を通って肺にたどり着くようになっています。
これが人間の体の仕組みとなっています。
呼吸の中心的な働きを行っているのが、肺胞という部分となります。
この肺胞の部分に炎症が発生するというのが肺炎となります。
病気が疑われるときには病院を受診するようになっていますが、この時に行われるX線検査では、肺胞に膿がたまっているということで、白くうつるようになっています。
肺胞の中だけではなく、肺胞の外側の壁の周辺に炎症が発生することもあります。

スポンサーリンク

小児でもこのような病気を発症することがありますが、原因としては次のようなものが考えられています。
ウイルスの感染であったり、細菌の感染が考えられています。
この他には微生物に感染することで発症することもあります。
ウイルスの場合には、インフルエンザウイルスやアデノウイルスなどの感染が多くなっています。
新生児や小児の場合には、吸引性肺炎というような普通のものとは少し異なるものもあります。
小児の場合には病気の進行が早いという特徴があります。
空気がたまったり肺胞が破れてくっついて、風船のようになることもあります。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、咳や発熱というようなものが主となっています。
病院で検査を受けるようになっていますが、聴診器で呼吸音が確認されています。
このときの呼吸音の特徴としては、プツプツという音がします。
また呼吸音が聞こえなくなることもあります。
呼吸困難があるときの治療としては、酸素補給や栄養分を補給するという形となっています。

スポンサーリンク