MENU

肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる副反応について

スポンサーリンク

病気が悪化するのを防ぐためにワクチンの接種が行われるようになっています。
これを行っておくと、実際に感染したときに症状を軽くすることができるというようになっています。
とくに子供は免疫力が弱くなっているので、ワクチンの接種がすすめられています。
現在ではたくさんの種類がありますが、そのなかに肺炎球菌ワクチンがあります。
決められた時期にしっかりと接種をすることで、大きな効果を期待することができます。
肺炎球菌のワクチンを接種した後には、副反応が現れることもあります。
どのような場合でも副反応が出ることがありますが、ここでは赤く腫れるというような症状が現れることがあります。
予防接種を行った後に、一定の期間内に体に反応や病気が現れるということがあります。
この時に考えられる原因としてが副反応となります。
この他には偶然に発見された病気の可能性もあります。
したがってしっかりと経過を観察することが必要となります。

スポンサーリンク

子供が肺炎球菌ワクチンを接種した後に体にいくつかの症状が見られることがあります。
赤く腫れるというようなことが見られることがありますが、この他にも発熱などがあります。
赤く腫れるというような副反応がどの程度の頻度で発生するようになっているのかというと、これは他のワクチンと同じとなっています。
しかし心配な場合には、接種をした医療機関の医師に相談するようにします。
また注意をしなければいけないことがあります。
それはショックやアナフィラキシーのような反応が現れることもあります。
全身の蕁麻疹や呼吸困難などの症状となります。
したがって接種をした後すぐに自宅に帰るというのではなく、30分以内はとくに注意深く観察を行わなければいけないので、病院で様子を見たり、医師とすぐに連絡が取れるところで待っているようにします。
接種したときに赤く腫れるという症状に関しては、3日から4日で消えるようになっています。
あまりにも目立つときには医師に相談するようにしますスポンサーリンク