MENU

甲状腺におこる「ろほう性腫瘍」ってなに?

スポンサーリンク

甲状腺の異常として、有名なものと言えば、甲状腺がんではないかと思います。
この甲状腺の癌を判断するのに、まず特徴と言えば、主要になるかと思います。
この主要には悪性と良性の二種類がありますが、良性の腫瘍の事を、「露鵬性腫瘍(ろほうせいしゅよう)」といいます。
甲状腺の腫瘍を見分ける際には、いくつかの検査を行い総合的な判断を行うことで、良性、悪性の判断を行います。
いずれの腫瘍も自覚症状は少なく、柔らかいしこりがゆっくりと大きくなっていくのが、このろほう性の腫瘍の特徴です。
いくつもの検査を行い総合的な判断をすると上記に書きましたが、完全に確定かどうかと言うことについては、腫瘍を摘出して判断されることになります。
露鵬性の腫瘍では、悪性と良性との区別がつきにくいということが問題なんです。
主な検査としては、血液検査やエコー検査を行うことから始まります。

スポンサーリンク

そして、針を差し、組織を分析することで良性、悪性の判断をするのが通常の方法です。
判断の結果、良性の可能性が高い場合には、定期的な経過観察を行うことが、大半です。
そして、症状に変化が見られない場合には、治療の必要はないとされています。
しかしながら、悪性が疑われる場合となると、話はことなります。
また腫瘍自体が大きくなってきた場合ですと、手術を行うことが一番の選択肢になります。
甲状腺に発生する腫瘍は日本人には比較的多くて、なおかつ特に女性に頻発する傾向が見られます。
甲状腺の腫瘍に関して、なぜ良性の場合には、定期観察ですませるのか?という疑問を持つ方がいます。
そうなんです!!他の器官に出来た腫瘍の場合には、ほぼ摘出、切除を行うことが当たり前です。
では甲状腺は、なぜ摘出、切除を行わないのでしょうか?
それは、甲状腺とは、体の代謝を司る甲状腺ホルモンを生成しています。
これが、非常に重要であり、甲状腺ホルモンの生成量に変化が起こると体中に異常が起こってしまうのです。
そのため、腫瘍を切除、摘出したばあいに、異常が起こる可能性が高く、非常にリスクが高いと言うことがあります。
また、症状自体の進行が遅いというのも、切除、摘出に踏み切らない理由といえます。

スポンサーリンク

関連ページ

甲状腺肥大の原因とはいったいどのようなものがあるの?
甲状腺の病院選択に関して間単に説明
甲状腺機能亢進症で気をつける食べ物とは?
「甲状腺機能低下症」のめまいについて
甲状腺癌の手術はいくらくらいかかるものなの?
甲状腺の名前は知っているが、場所は?
甲状腺癌の「アイソトープ」とは?
甲状腺ホルモンが低下する食物は?
女性の甲状腺の病気
喉の痛みと症状と対策
甲状腺肥大の手術方法ってどういうもの?
甲状腺肥大の検査費用と医療機関の選択
甲状腺肥大の手術後の症状について
甲状腺機能亢進症は治るのでしょうか?
「甲状腺機能低下症」の原因は大豆!?
甲状腺の病気は何科の病院を受診すればいいの?
甲状腺ホルモン薬での副作用はどのような物がある?
甲状腺の腫れの他に「熱」の症状が!?
血液検査で甲状腺癌を発見する方法とは?
甲状腺の腫れと「咳」は関係があるの?
妊娠で甲状腺が腫れる事があるんでしょうか?
甲状腺機能亢進症の男性の症状とは?
甲状腺機能亢進症の治療をすると太る!?
甲状腺機能亢進症の症状「頭痛」について
甲状腺機能低下症を改善する食べ物は?
甲状腺機能低下症と徐脈の関係とは?
甲状腺癌とエコーでの所見についての説明
甲状腺機能低下症での肥満解消法法とは?
甲状腺機能低下症ですが「tsh」が正常値?
甲状腺癌でのアイソトープの副作用について
甲状腺ホルモンを増加させる食べ物は?
甲状腺疾患「バセドウ病」の食事制限について
甲状腺機能低下症に良いと言われる食べ物とは?