MENU

肺炎の治療薬クラビットの作用

スポンサーリンク

肺炎は、細菌やウィルスなどがからだに入り込んで起こる肺の炎症です。
症状としては、発熱、咳や痰、息苦しさや胸の痛みなどが現れます。
原因になる細菌やウィルスは、日常生活の場に存在していて、からだの抵抗力(免疫力)が弱まった時などに感染をおこしやすく、症状が重くなると命に関わる危険性もありますので、放置せずに早めに受診する事が大事です。
診断がおりると、治療のためにクラビットを処方される事が多いです。
クラビットは、細菌を殺菌する作用があります。
クラビットは、ニューキロノンと呼ばれる抗菌薬で、旧来の抗菌薬に比べ抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効です。
抗菌スペクトルが広く、呼吸器感染症の主要原因菌である肺炎球菌をはじめ、ペニシリン系など一般的な抗生物質が効きにくい肺炎マイコプラズマや、肺炎クラミジに対しても有効性を示すのが特徴です。
病原菌が死滅すれば腫れや発赤が収まり、痛みがとれ熱があれば解熱します。

スポンサーリンク

クラビットは、治療効果が高く、かつ、副作用も少ない方で、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある方でも使用可能です。
ただし、持病やアレルギーのある方、他に飲んでいる薬がある方、妊娠中の方は、医師にその旨を伝える必要があります。
クラビットは抗菌薬なので、ウィルスを死滅させる作用はありませんが、ウィルス感染が体に起こると、気道や全身に変化が起こります。
気道の上皮細胞が壊される事により、細菌が肺や気道に侵入しやすくなり、全身では炎症を引きおこす物質が増加し、これらの作用により肺炎が引きおこされます。
ウィルス感染が原因の場合は、抗ウィルス薬とクラビットのような抗菌薬を併用して治療します。
また、肺炎になり、高い熱が出ると、特に乳幼児、高齢者、他に重篤な持病のある方では、脱水症状になる場合が多く、適切な水分補強が重要です。
本人が経口摂取できない場合は、生理食塩水を病院で点滴してもらうこともあります。

スポンサーリンク