MENU

発熱による喉や頭痛の痛みの治療方法について

スポンサーリンク

皆さん、「風邪」や「インフルエンザ」といった細菌やウイルスに感染することで発生するのものと言えば、そうです。
「発熱」になるかと思います。
発熱といっても、人間というのは生命活動を行う上で必ず発熱をする必要があります。
これが大体36.5度程度といわれています。
さて、これが細菌やウイルス感染によって高熱へと変わってきます。
大体、37.0度前後になると微熱という状態になります。
人によっては体がだるくなるという事もあるのですが、状況によってはあまり気にならないという方も多いです。
さらにこうねつになり38度になると、「節の痛みを訴える方や体のだるさや頭痛、集中で気できない。」といったことが起こります。
そして38度も後半になってくると、体調によっては立ち上がることすら困難になってきます。
さらに39度以上になると意識もおぼろげな状態に近づいていきます。
40度以上になると命の危険性も出てくる事や「脱水症状」の危険性も現れてきます。
特に子供の場合の高熱ですと、痙攣やひきつけを起こしてしまい意識混濁な状態になることもあるほか、高熱によって後遺症を持ってしまう可能性もありますので注意が必要です。
高熱時というのは、体力の消費が激しいということもあり、衰弱していきます。
脱水症状によって命に関わることもあるので水分の接種を忘れずに行うようにしましょう。

スポンサーリンク

 

さて、この発熱というのはなぜ起こるのでしょうか?

 

病気になると熱が出るというの皆さん、当然知っていることではあると思いますが、その原因というのは一体何なのかについて説明をしていきます。
発熱が起こるのは、体の中に異物(細菌・ウイルス)が侵入してきたことによるのがほとんどといえます。
これによって、体というのは異物を体の外側に出そうとします。
その際に、異物が体を気づつけたり、風邪などのように増殖することで体内で悪影響を起こした際に菌の動きを鈍くしたり弱らせたりして体外に排出しやすくしたり、異物自体を死滅させようとします。
この異物の増殖が速ければそれに合わせて発熱も高熱の症状を引き起こします。

 

さらになぜ発熱によって寒気がするのでしょうか?

 

これは、エアコンを思い浮かべていただくと以上に理解しやすいかと思います。
人間の体というのは上記にも記載してありますが、36.5度前後が平均体温となっています。
この温度がちょうどいいように体というのは、調整して季節を通して快適な生活を送れるようにしています。
しかし、発熱が起こると、リモコンで39度と仮に温度を調節されても、体がその温度についてこられないという事があります。
36.5度で快適な状態が39度が当たり前の状況になります。その温度の差というのが寒さの原因になっています。
簡単に言うと発熱に体が追い付いていないというようなことですね。
このように発熱といっても原因や対処などが異なりますので一体どのようにすればいいのかしっかりと学んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

発熱による喉や頭痛の痛みの治療方法について記事一覧

大人が発熱を繰り返すということには原因があります。発熱の原因として代表的なものに風邪があります。しかし、それ以外にも様々な原因で発熱を繰り返すことがあります。その原因として大人の場合に有名なのはストレスが原因で発熱する場合です。ストレスが原因で有る場合には交感神経が非常に大きく関係しています。ストレスが原因で発熱を繰り返すときには心と体のバランスが大きく崩れている場合が多いといえます。大人が発熱を...

疲れやストレスが原因で発熱することがあります。この発熱のことを「心因性発熱」といい、病院を受診しても特効薬は存在していません。そもそも人間には自律神経が備わっており、自律神経は交感神経と副交感神経とで構成されています。交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、交感神経が優位にたつと、身体が興奮状態となって熱が出やすくなるというわけです。 疲れるとすぐに熱が出るという人が存在しています。いわゆる虚弱体...

仕事などが忙しい状態が長く続いてしまうと疲れが溜まって大人でも発熱するということがあります。一般的には風邪などでの発熱が多いですが、そうでない場合でも疲れなどで発熱してしまう時があります。こういう場合には風邪などと違って適切な対処方法があります。疲労は大人でも長く続いてしまうと様々な症状になってあらわれてきます。そうなる原因としては過度なストレスがあります。風邪の場合にはウィルスによって発熱してい...

大人で発熱後、手に発疹が出るのは、どのような病気が原因なのでしょうか。発熱後に発疹が出る病気は、麻疹や風疹、水疱瘡や溶連菌感染症など結構あります。これらの病気は子供のものと思われがちですが、大人でも免疫がない場合、あるいは抵抗力が落ちている時などは、感染することがあります。大人だから罹らないということはありません。またこれらの病気は、発熱後の発疹が手にできることもあります。特に麻疹や水疱瘡、あるい...

最近では高齢者の多くが肺炎で亡くなられている話を聞きます。テレビでは肺炎球菌ワクチンの話などがCMで流されるほど社会的にも問題になっています。この肺炎ですが、誰が発病するかわかりません。風邪を理由に肺炎になったという話は昔からある事で、赤ちゃんから高齢の老人まで可能性は誰でもあります。肺炎は感染症の一種と言われています。肺の中にいろいろな理由により、細菌やウイルスが侵入して、感染し増殖する事と言わ...

発熱が、脱水症状を引き起こす理由やメカニズムについてご紹介します。そもそも発熱時には、熱を作り出すために全身の筋肉が使われている状態となっています。つまり、身体を動かしていなくても、発熱=体力を消耗しているというわけです。そして、発熱時には汗をかいて体温を下げようとする機能が働きます。これらの理由が、発熱が脱水症状を引き起こすメカニズムのひとつとなっています。 前述しましたように、発熱時には発汗す...

発熱の原因はウイルスや細菌の感染など様々ですが,発熱時の悪寒や汗が出ない原因は,熱がまだ上がり切っていないということです。熱が上がっている途中の段階では,解熱剤で処置を行っても熱は下げることが出来ません。ですから,悪寒がしている,または汗が出ない状態の時にはとにかく体を温めるようにしましょう。発熱時にはリンパを冷やすと良いといわれていますが,悪寒があったり,汗が出ない状態でリンパを冷やしてもあまり...

手術後の発熱は、術後熱、吸収熱、治癒熱、侵襲熱などと呼ばれる発熱であり、手術で傷つけられた細胞を回復させようとするメカニズムが働いたことが、発熱の理由となります。そのほかの発熱として、手術後には薬剤熱が出る場合もあります。手術後には、傷口を修復するために白血球が傷口に集まってくるというメカニズムが働きます。そして、白血球は高温の方が活発に働きやすいという理由から、身体の調節機能が働いて発熱するとい...

大人でも子供でも39度以上の発熱を起こすと通常は動くことができません。39度以上発熱を起こした場合には悪寒や吐き気があったり、おう吐を繰り返す場合もあります。大人でも子供でも原因を風邪と安易に事故で判断すると対処が遅れる場合もあるため、早めに病院に行き適切な対処を行いましょう。39度以上の発熱を起こした場合に自分でできる対処法としてはまず脱水症状を防ぐために、しっかりと水分補給を行いましょう。39...

発熱の原因としては、風邪以外の病気が原因である可能性もあるため注意が必要です。発熱の症状が出るのは風邪だけではありません。発熱の原因が風邪なら3〜4日経過すれば症状は改善されますが、4日以上たっても発熱が収まらないなら風邪以外の病気が原因の可能性も考えられます。風邪以外の病気が原因の場合に適切な対策や治療方法を行わずに放置すると、症状が悪化し危険な状態になるケースもあるため、発熱が長く続く場合には...

発熱すると体が火照るとか、あるいは逆に寒気がするということがあります。これを主症状と呼びます。しかしどのような種類の病気であるかは、主症状だけでは判断できません。たとえば風邪の発熱は、それ以外に喉が痛むとか頭痛がする、鼻水が出るなどの症状があります。こういった症状を、随伴症状と呼びます。発熱している場合は、大抵の場合は風邪などの感染症、免疫システムがうまく機能しなくなる自己免疫性疾患、薬剤によるも...

激しい運動をすると、筋肉痛や筋肉痛が起こった部位に発熱の症状が現れることがあります。発熱を伴う筋肉痛は早くに治したいところですが、処置方法を誤ると、反って痛みを長引かせることにもなります。運動した後の筋肉痛について、冷やした方が良いか温めた方が良いかと時に議論されることがあります。結論から言えば、運動後の筋肉痛は冷やすより温める方が早く治るといいます。しかしながら、筋肉の痛みと同時にその部位が発熱...

子どもでも成人でも発熱というのはつらいものです。発熱の時の処置として最も良い方法は、解熱剤などで無理に下げるやり方よりも、太い血管が通っている所を冷やす方法が最も効果的な処置になります。冷やす場所として最も良いと思われる場所は首やわきの下などが代表的な場所だといえます。一方で冷やす場所をおでこにしているケースもみかけますが、この方法はあまり効果が得られる処置とはいえません。基本的に発熱というものは...

38度の発熱があった場合には病院に行き、安静にしておくのが正しい処置の方法になりますが、大人の場合にはそれができない場合もあります。そういった場合には38度の発熱を抑える緊急用の処置の方法があります。処置の方法としては栄養ドリンクなどで体力を回復させましょう。一気に飲まずに少しずつ時間をかけて飲むことで体力を少しずつ回復させることができます。寝る前に38度の発熱を抑えるための薬を飲んでから、少し時...

小さい子供は突然高熱をだし体調を崩す場合があります。そんな場合にはあわてずに適切な対処方法を行うことが大切です。子供が高熱を出した場合の対処方法としては、まず状態を確認しましょう。子供が突然高熱を出す理由はまだはっきりとは解明されていません。発熱自体は決して悪い症状ではありませんが、病気のサインの一つなので見逃さないようにしましょう。また注意をしなければならないのは、脳に異常をきたす病気で子供が高...

発熱をしているときに目が痛い症状があらわれる場合には、感染症が原因である可能性が考えられます。発熱をしているときに目が痛い症状があらわれる病気の一つとして咽頭結膜熱があげられます。咽頭結膜熱はプール熱とも呼ばれる病気でアデノウイルスに感染することが原因で起きる症状です。小児期の子供に多く見られプールの水を介して感染が広がりやすいため、プール熱と呼ばれます。プールの水が感染源である場合が多いため夏の...

子供、特に幼児は、大人ほどには体が出来上がっておらず、免疫力が低いことが原因で風邪を引いたり、扁桃腺を腫らしたりします。そのため幼児期にはしばしば発熱することがあります。しかし、実は意外なものが原因で、子供が発熱するということがあります。それは便秘です。まず、発熱のために便秘になるというケースがあります。これは熱によって汗をかき、水分が不足した状態になるため、便が固くなって便秘を起こすのです。しか...

発熱や湿疹が起こる病気は子供に多く見られますが、大人も罹ることがあります。中には、大人が罹ると重症化しやすいものもあります。それではどのような病気で、このような症状が出やすいのでしょうか。まず代表的なものとして、麻疹や風疹、水疱瘡などがあります。麻疹や風疹、水疱瘡などはいずれも、ウイルスが原因で起こります。そのため大人でも免疫がない場合、学校や会社などで流行の兆しがある時は、特に注意が必要です。最...

幼児は必ずといっていいほどよく発熱をします。頭痛を訴えるというということは、少し発熱のサインかもしれません。そして発熱をした場合、嘔吐を引き起こす場合があります。大人も発熱すると気分が悪くなりますよね。嘔吐から始まる胃腸風邪もありますが、単純に幼児は発熱からの嘔吐も考えられますので、嘔吐が1回だけなら、着替えをさせて横にならすのが対処です。もし胃腸風邪ならうつる可能性もあるのですぐに漂白や塩素消毒...

crpとは,体内の炎症反応の度合いを表す検査項目で,crp値から血液検査で体内の炎症反応を見ることが出来ます。体内に異物が入ったり,体内の構造が壊れた時に起こる反応で,発赤や発熱,疼痛,腫張などの症状を主体とした反応を炎症反応といいます。crpの正常値は0.3以下となりますが,これ以上の高い数値の場合には体内に炎症があることが疑われます。強い炎症がある場合には,crp値以外にも白血球も高い値を示す...