MENU

肺炎とはどのような病気になるの?

スポンサーリンク

近年、メディアでも特集が組まれることが多い病気で「肺炎」というものがあります。
それは、特に高齢者に多いのですが、肺炎により命を落としている方が増加しているということがあるためです。
皆さんは、肺炎というと肺炎のウイルスや細菌によってもたらされるという考えの方が多いかと思います。
もちろんそれも原因としてあるのですが、特に高齢者に多い肺炎というものが、「誤陰性肺炎」というものです。
これは、もともとの原因というものは、上記にあるようなウイルスや細菌によって起こるのですが、肺炎が慢性化する事で、この誤陰性肺炎と呼ばれるものになります。
この種類こそが、高齢者に多く発症しているものなんです!!
肺炎には、実はさまざまな種類があり「ウイルス性肺炎」「細菌性肺炎」「誤陰性肺炎」とに分かれています。
これ以外にも「マイコプラズマ肺炎」とよばれるものがあります。
これは原因としては、マイコプラズマというものが体内に侵入して肺炎を引き起こされるものです。
そして、数年に一度は、秋口から冬の間に大流行していきます。
乳幼児から高齢者まで多くの方に感染をしていきます。

スポンサーリンク

肺炎というものは、初期の症状が風邪と類似している部分が多いので、見落としやすい傾向になります。
実際に、病院で検査をした結果、「肺炎でした」ということが多くあります。
肺炎の咳の特徴として乾いた咳というものがあるようですが、医療に携わっていない方にとってはその聞き分けというものは、至難のものかと思います。
そのため、発見が遅れるということがあるわけです。
肺炎の症状の特徴として一番多いものが、「咳」です。
この咳というものは、基本的には自然治癒で治療を進めることが困難です。そのため医療機関を利用することが非常に大事になります。
肺炎というと咳がでるだけであまり深刻に受け取らない方も実際多くいらっしゃいます。
しかしながら、肺炎というものは命にかかわることもあるので、非常に注意を払うべき病気と言えます。
特に症状が慢性化してしまった場合に恐ろしいのが、薬に対して耐性がついてしまうことです。
肺炎が慢性化するにはいくつかの要因が存在するのですが、特に多いのが、呼吸器や肺などの機能の低下があげられます。
そのため、治療方法以外にも、健康を意識した生活が重要になる部分があります。
肺炎に関しては、種類によって治療法も異なりますのでそれぞれの特徴を学ぶことが重要になります。

スポンサーリンク

肺炎の症状とは?記事一覧

子供が病気の予防をするときに行っているのが、ワクチンの接種ということになります。これは非常に効果が高いと認められているものとなっています。しかし体の中にウイルスなどを入れるということになるので、接種をするときには十分な注意が必要となります。その中で肺炎球菌ワクチンというものがあります。これには次のような特徴があります。肺炎球菌によって肺炎が発症するようになっていますが、この時には重症化することもあ...

病気が悪化するのを防ぐためにワクチンの接種が行われるようになっています。これを行っておくと、実際に感染したときに症状を軽くすることができるというようになっています。とくに子供は免疫力が弱くなっているので、ワクチンの接種がすすめられています。現在ではたくさんの種類がありますが、そのなかに肺炎球菌ワクチンがあります。決められた時期にしっかりと接種をすることで、大きな効果を期待することができます。肺炎球...

肺炎球菌ワクチンというものがあります。これは肺炎球菌による感染を防止するものとなっています。肺炎球菌感染症という病気がありますが、これは次のような特徴となっています。肺炎球菌感染症は、肺炎や敗血症や中耳炎を引き起こす可能性が非常に高くなっています。したがって肺炎球菌ワクチン中耳炎との関係が非常に高くなっています。また肺炎球菌感染症では、症状が急激に悪化することがあります。したがって治療を行うときに...

現在ではさまざまな感染症があります。これらの感染症を発症しないように、しっかりと対策をしなければいけません。子供はとくに体力がなかったり免疫力が低いということで、さまざまな病気を発症する可能性があります。その中で注意をしなければいけない病気もいくつかあります。子供の細菌感染症の原因として考えられるのは、肺炎球菌となります。これは中耳炎や肺炎や細菌性髄膜炎のような病気の原因ともなるので、注意が必要と...

咳が長く続くということがあります。このようなときに多くの人がいちばんに考えるのは、風邪ではないかということです。風邪は非常に身近な病気となっているので、この病気を最初に疑うというのも珍しいことではありません。しかし風邪と安易に考えないようにします。咳が長く続くときには、他の病気の可能性も考えられるのです。この時に考えられる病気として肺炎があります。肺炎は人にうつるのかと疑問に感じる人がいますが、肺...

肺炎という病気を耳にすることがありますが、実際にはどのような症状が現れるのかがわからないという人も少なくありません。似たような症状柄割れる病気として風邪があります。これは鼻や喉や気管支が侵されて、鼻水や咳が出るようになっています。しかし肺の場合は肺が侵されて身体に異常が現れるようになっています。風邪はウイルスが原因となっていますが、肺の場合は風邪のウイルスだけではなく、細菌などというようなさまざま...

日本人の死因は1位が悪性腫瘍、2位が心疾患、3位が脳血管疾患、4位が肺炎、5位が老衰となっています。この順位に長年変動はなく、特に1位〜3位までは生活習慣病と言われる病気が占めており、日々の生活習慣の見直しが重要になってきます。それでは日本人の死因トップ5の中から生活習慣病の次に多い「肺炎」をピックアップして原因や症状などについて詳しく説明していきます。まず肺炎を発症する原因は風邪をひいたりインフ...

肺炎は風邪とよく似ています。風邪の場合は鼻やのど、気管支が侵されて鼻水やせきなどの症状が出現します。しかし、肺炎の場合は肺が侵される病気であり症状は風邪と同様のことが多いです。また、原因がウイルス、細菌、誤嚥など様々です。素人が風邪か肺炎かの診断をつけることは困難ですが、風邪であれば症状は3日程度で改善してきますので、それ以上続く場合は肺炎の可能性があります。また、高熱が続く、咳が激しかったり鼻水...

クラビットは、キノロンまたはピリドンカルボン酸と呼ばれている抗菌剤です。キノロンの副作用は、γ-アミノ酪酸のレセプターに拮抗することによる頭痛です。ところで、肺炎を引き起こす菌にはどのようなものがあるか、御存知でしょうか。疫学調査の結果から、一位は肺炎球菌。二位はインフルエンザ菌。このインフルエンザ菌というのは、インフルエンザ・ウイルスが発見される前までは、この菌が原因でインフルエンザが引き起こさ...

肺に水がたまる病気として「肺水腫」が挙げられ、肺炎を伴う場合もありますし、肺炎で水がたまることもあります。肺に水がたまると、肺がうまく酸素を取り込むことができなくなってしまい、最悪の場合には呼吸ができなくなってしまいます。呼吸不全陥ったり、ショック状態になってしまい、死に至る危険性があります。肺水腫になると、おもな症状として、呼吸困難が現われます。特に、仰向けに寝てる時に息苦しくなるという症状が特...

大人になると、気分が悪い時には自発的に休養を取ることが可能ですが、1歳くらいの赤ちゃんであれば、自分で症状を感じることが出来ません。今回は、赤ちゃんが肺炎にかかった時の原因と症状についてまとめていきたいと思います。一つ目として、細菌性のものがあります。黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などが原因で起こる病気で、突如として40度近い高熱が出てしまうことがあります。痰がからんだような激しい咳などが出る場合が多い...

肺炎は、細菌やウィルスなどがからだに入り込んで起こる肺の炎症です。症状としては、発熱、咳や痰、息苦しさや胸の痛みなどが現れます。原因になる細菌やウィルスは、日常生活の場に存在していて、からだの抵抗力(免疫力)が弱まった時などに感染をおこしやすく、症状が重くなると命に関わる危険性もありますので、放置せずに早めに受診する事が大事です。診断がおりると、治療のためにクラビットを処方される事が多いです。クラ...

肺炎と肺結核。両方とも耳にすることの多い病気で、熱や咳が出るなどの症状があることは有名です。しかし、肺炎と肺結核の違いを説明できる人は少ないでしょう。では、肺炎と肺結核の違いとは何でしょうか。まず肺炎とは、細菌やウイルスなどの病気を起こす原因となる微生物が肺に入り込んでしまい、肺が炎症を起こした状態のことです。通常、人間が呼吸をしている時に細菌やウイルスを一緒に吸い込んでしまうことは多くありますが...

肺炎とは感染症の事をさします。その原因は色々な微生物やウィルス、化学物質、物理的刺激など多様のものがあります。人間の体は酸素を体内に取り入れ二酸化炭素を出すために呼吸します。肺の働きとして大事な機能なので早期に治療しておくべき疾患です。肺の炎症は多くは病原体感染によるもので、通常の診察では胸部の濁音や異常陰影により診断されます。患者の年代や性別によって、重症度や発症場所などは異なりますが、肺炎の症...

肺炎とはその名前からも分かるように肺に炎症が起こる疾患で、肺に関する疾患の中では特に有名な疾患になります。肺は呼吸において重要な役割を果たす部分なので、ここに炎症が起きると命に関わる事になる可能性もあります。現在の日本では65歳以上の高齢者が発症すると、命を落とす直接的な原因となる事も少なくないです。そのため発症が疑われる場合には速やかに病院を受診して、それぞれの状態に合った治療を開始する事が大切...

長い咳が続くというようなことがありますが、これは必ずしも風邪が関係しているということはありません。風邪の症状に似たものでも、別の病気の可能性もあるので、しっかりと病院で検査をする必要があります。長い咳が続いていつもとは違うという症状を感じ、病院を受診したときに肺炎と診断されることがあります。肺炎にはいくつかの種類がありますが、病原に生物の種類によって分類することができるようになっています。その中で...

毎日の生活の中で、咳がたくさん出るというようなことがあります。風邪をひいたと感じる人も多くなっていますが、咳が出たときには咳止め薬を服用するようになっています。しかしこの咳止め薬を服用しても、効果が見られず効かないというような経験をしたことがある人も少なくありません。このように咳止め薬が効かないというときに考えられる原因としては、症状に適していないということがあります。咳止め薬が効かない原因として...

肺炎球菌ワクチンというものがあります。これは乳幼児や高齢者の接種がすすめられているものとなっています。肺炎球菌とはどのような特徴があるのかというと、これは肺炎の原因として一番多い菌となっています。しかし実際には健康な人の体の、喉や鼻の奥に存在しているという常在菌となっています。したがって非常に身近な菌として考えることができます。ここで体力や免疫力が低下してしまうと、菌の活動が活発になってしまいます...

風邪や肺炎などで咳が止まらないということがあります。このようなときには夜もぐっすりと眠ることができないので、非常につらくなってしまいます。職場や周りの人に迷惑をかけることもあるので、精神的に非常に疲れてしまいます。これが大きなストレスになってしまうということもあります。このようなつらい症状があるときには、何とか対処をしたいと考えます。肺炎を発症しているときには、発熱が見られるようになっていますが、...

子供はさまざまな病気を発症する可能性があります。免疫力がまだそれほど高くはないということで、さまざまな病気に感染する可能性が高くなっています。その中で比較的感染しやすい病気となっているのが肺炎になります。これは大人でも発症することもありますが、呼吸をしづらくなるので非常につらいです。そもそも肺炎というのはどのような病気となっているのかというと、それは次のような特徴があります。息を吸って空気が喉から...