MENU

扁桃腺について

スポンサーリンク

扁桃腺と聞いてみなさんはどんな事を思い浮かべますか?
たいていの方は、喉の奥に合って、後は、リンパとか、神経が関わりがある…というような解答をします。
このような解答をすると言うことで、今回は「扁桃腺の働き、役割」について説明をしていきたいと思います。
この扁桃腺というのは、皆さんもご存知の通りに、喉にあるのですが、鏡を通して確認も出来る場所にあり、喉の奥に位置した場所に存在します。
役割としては、
口や鼻から空気を吸い込んだ際に、一緒に入ってきた異物や細菌などを喉の更におくにある「咽頭」に行くまでに食い止めるという非常に頼もしい役割を持っている機関なのです。
扁桃というのは、リンパに関係あるという答えが多いのですが、実は「リンパ節の集合体」です。
「口蓋扁桃(こうがいへんとう)」「舌扁桃(ぜつへんとう)」「咽頭扁桃(いんとうへんとう)」から構成されており、それぞれが、結びつき輪になっています。

スポンサーリンク

また「耳管扁桃」というものもあり、こちらは、耳に細菌が侵入すると言うことを防ぐ役割しかし、この扁桃腺というのは、扁桃腺自体が菌を保有していると言うことがあります。
「溶連菌、ブドウ球菌、肺炎球菌など」といった菌を保有しており、これらを「常在菌」といいます。
そして、この常在菌というのが、時に悪さを働きます。
それが「扁桃腺炎」になります。
これは、扁桃腺が炎症を起こす病気なのですが、こちらにかかると、非常に高い高熱のほか、激しい痛みに襲われます。
特に、幼児に多い症状なのですが、これは扁桃腺というのは、成人に近づくに連れてだんだんと大きさが小さくなっていくという特徴があるためです。
大人になると、免疫も強くなっていると言うことが大きさの理由でもあるのですが、大人になっても、子供の時と同じ大きさの場合があります。人によってはこの炎症に頻繁に掛かる方もいます。
この場合には、選択のひとつとして、切除という方法もあります。
扁桃というのは大事な期間ではあるのですが、その分、一度炎症を起こすと、この症状というのはしばらく続きます。

スポンサーリンク

扁桃腺とその症状について記事一覧

扁桃腺というのは、体を細菌やウイルスから守ってくれる非常に大事な器官です。しかしながら、症状として、「扁桃腺炎」と言うものをおこします。これは扁桃腺が炎症を起こすことで激しい腫れや痛みをお越し、更に高熱まで起こるという病気です。この大事な器官ですが、年に何ども扁桃腺炎を起こすと言う事があります。この症状を「慢性扁桃腺炎」と言うですが、この場合にはこの大事な器官を手術によって取り除かなければいけませ...

病気により喉の痛みが発生するということはよくあります。とくに幼い子供など、免疫力が弱いといった原因のばあいに多く見られます。今回は喉の痛みが治らないと言うことで、原因のひとつである扁桃炎について解説をしていきたいと思います。扁桃炎というのは、扁桃に細菌やウイルスが入り増殖して活動することで起こる病気です。これにより炎症をお越し腫れや痛みを起こすといったことがあります。主な細菌としては「溶連菌やブド...

冬場や季節の変わり目というのは色々な病気に掛かりやすい季節です。また仕事や家庭で疲労が蓄積することで、免疫が落ちるなどするとこれも病気になる原因になります。そのなかで、特に冬場に多く感染することが多いのが、「急性扁桃炎」です。これは、文字通りの扁桃腺の炎症の病気なのですが、扁桃腺というのは、そもそもが、ウイルスや細菌といった体に悪影響を与える異物をガードするというとても重要な役割を持っている機関で...

喉の痛みの病気としてどのような病気があるのでしょうか?また左右の喉の病気として考えられる病気としてどのようなものがあるのか?今回は「扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)」という病気について説明をしていきたいと思います。この病気というのは、扁桃炎から発展することが多く、口蓋扁桃(左右の頬の裏あたり)に炎症が起こります。症状としては、急性の扁桃炎に続くように発症します。かなり強い激痛が起こります。...

喉の痛みがなかなか治らないと言うことで、かなりお悩みの方は多いかと思います。この症状の原因というのは非常に多いかと思います。今回は、その中で「扁桃炎」について説明をしていきたいと思います。扁桃炎は扁桃腺炎とも言われるものです。この扁桃炎というのは名前の通り扁桃腺の炎症によって起こります。みなさんも子供のころにこの扁桃腺炎になった経験があるかたもいらっしゃるかもしれません。ではこの扁桃腺炎に関して説...

扁桃腺というのは喉の奥にあり、、子供のころは大きいもなのですが、成人になるにつれて徐々に小さくなっていくものです。また、常在菌がいて、喉や鼻から、侵入した細菌やウイルスから体を守ってくれるという事もおこなう重要な器官でもあります。さて、この扁桃腺なのですが、時に非常に腫れ上がってしまうと言うことがあります。これを「扁桃炎や扁桃腺炎(両方同じです。)」といいます。この腫れの正体というのは、扁桃腺に住...

皆さん扁桃腺もしくは扁桃と呼ばれるものについて、どれくらいしっていますか?腫れる場所、痛みが発生する場所、というような認識に方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか?これはもちろん正解です!!上記は正解ではあるのですが、これは扁桃腺の炎症に関する症状についての事ですよね?ではでは、この扁桃腺の役割と言うものがどのようなものなのか?この質問なると、解答が出来る方が極端に減ってしまいます。今回はそんな...

他の記事でもご紹介したと思いますが、今回は溶連菌についてクローズアップして説明をしたいと思います。まず溶連菌というのは感染症になります。感染症ということで風邪と同じような区分になるので、症状自体に違いがあります。風邪というのは細菌が体に入り込み、増殖をしていきます。それにより発熱などが発生します。また、喉、扁桃腺が真っ赤に腫れ上がったりします。溶連菌の場合ですと、急に発熱が発生するのですがこの熱自...

扁桃腺の病気というと、炎症である、「扁桃腺炎」というものになります。この急性扁桃腺炎というのは、細菌やウイルスが原因によって、症状を発症します。症状としては、高熱が出ることが確認でき、状況によっては、40度を超える高熱が出ることもあります。また、喉の腫れ(扁桃)頭痛がおこります。この喉の痛みに伴い、痛みが出るのですが、腫れの具合によっては唾を飲んだだけも強烈な痛みが襲う事があり、食事に支障が出るこ...

扁桃腺という名前を聞いたことはたいていの方があるとは思いますが、扁桃腺というのがどの位置を指すのかに関して、的確に答えられる方というのは、名前を知っている方に比べて大幅に減るのではないでしょうか?ではこの「扁桃腺」というのは一体どの位置にあるのでしょうか?女性多いのが、扁桃腺というのは、偏頭痛と同じという認識でいる方が多く、コメカミにあるのでは?と錯覚される方も多いです。また、リンパ腺と同じように...